バストの崩れを防ぐ

| 未分類 |

女性なら誰でも形の良い美しいバストにあこがれを抱きます。

バストの形が崩れてしまうのを防ぐためには、バストが乗っている大胸筋という胸の筋肉を鍛えることが大切です。そしてマッサージすることもバストアップにはとても効果があります。おすすめなのがお風呂に入っている時間です。裸でマッサージをすることで、本来ならば胸にあるべき脂肪なのに背中などの周りに流れたお肉を元に戻すのに効果的です。バストというのは柔らかな脂肪の塊です。大胸筋という筋肉の上に脂肪の柔らかな袋が乗っている状態がバストの正体です。女性のバストはその10パーセントが乳腺組織、残りの90パーセントが脂肪組織でできています。バストの肌の張りもバストの形を作るうえでとても大切です。マッサージは両手を胸の横側において脇から背中の部分へと周りに流れたお肉をかき集めるように、強めにさするように中央へ10回ほど寄せあげます。次に両手を胸の下において抱え込むように持ち上げます。右側と左側をそれぞれ10回程度行うようにします。り流れてしまったバストにあるべき肉をマッサージによって本来のバストの位置へとかき集めることで、きれいな形の良いバストにする効果があります。