1.5時間サイクルで眠りましょう

| 未分類 |

私達が眠っているときの睡眠サイクルは、自分ではあまり気づきませんが一定ではありません。
眠り始めてから最初の約70分間は、ノンレム催眠と呼ばれる深い眠りが訪れます。
この時は眼球運動も行われず、深く眠っている状態です。その後約20分間のレム睡眠が訪れます。
このレム睡眠の間に、私達は夢を見ているのです。眼球運動も活発に行われるため、レム睡眠との違いは顕著に現れます。
このレム睡眠と、ノンレム睡眠が行われる1.5時間が1セットとなり、眠っている間に何度も繰り返されるのです。
特に眠り始めて最初の1.5時間と、次の1.5時間の間に訪れるノンレム睡眠は熟睡状態な為、成長ホルモンが盛んに分泌されます。
成長ホルモンが分泌されると、新しい細胞が体内で生まれ、皮膚や筋肉などを作ったり、効率よく修復してくれる作用があるので、特に重要な睡眠といえるでしょう。
普段、朝起きるのが苦手な人は、この1.5時間周期を利用して睡眠時間を逆算するのがオススメです。
例えば朝の6時に起きたい場合は、逆算して3時間前の3時に寝るか、4.5時間前の1時半に寝る、または6時間前の12時に寝る、というように、自分のライフスタイルに合わせて就寝時間と起床時間を割り出してみると良いでしょう。
質の良い睡眠は、美容の大きな味方になってくれます。